0797-20-7581 営業時間:火曜日-金曜日 11:00-22:00 (事務局は11:00-18:00) info@wildenglish.jp

こんにちは。

芦屋市岩園町の英会話教室Wild Englishです。

今日はバレンタインデーですね。日本では意中の人にチョコを贈ることが主流ですが、海外は少し違うというのはご存知ですか?

今回は日本以外の5ヵ国の国でのバレンタインデーをまとめてみました。

1. アルゼンチン

アルゼンチンではバレンタインデーはもちろん祝いますが、7月の1日から1週間『Sweetness Week』というイベントがあります。その内容は恋人や夫婦間でキスをすると、その回数の分キスをした人がキャンディーやチョコを恋人から貰えるというものです。スローガンは”a candy for a kiss”というなんとも素敵なイベントですね。

2.バレンシア州(スペイン)

バレンシア州では10月9日のバレンシア州の祝日に、男性が女性にマジパンを贈るというバレンタインと似たようなイベントが行われます。野菜などをかたどったカラフルなマジパンをスカーフに包んで恋人や母親に送るのがバレンシア流だそうですよ。

3.エストニア・フィンランド

この2ヵ国ではバレンタインデーは恋人たちの日、ではなく友情の日。友達にカードやプレゼントを贈りあい、一緒に時間を過ごすというイベントです。『今もしあなたが友達に対して特別な感情を持っているのなら、それは愛にも更なる友情にも繋がるだろう』『友達はどんな状況下でも共に居てくれる、友達こそ人生だ』という言葉がバレンタインデーによく引用されるそうです。

4.フィリピン

フィリンピンではなんと!100組以上の恋人たちが結婚式を同時に行い、『誓います』という言葉が重なることもあるとか。そんなビッグイベントですがなんと新郎新婦は花やケーキ、更には婚約指輪までも無料で結婚式を挙げることが出来るそうです。

5.ウェールズ(イギリス)

最後にイギリスのウェールズをご紹介します!

イギリスでもバレンタインデーを祝う習慣がありますが、ウェールズにはもう一つカップルにとって大切な日があるんです。

それが1月25日のSt. Dwynwen’s Day(セント ドゥインウェンズデー)。

『ラブスプーン』という複雑な模様が彫られた木製のスプーンを恋人同士で交換するという伝統が16世紀ごろに始まり現在も続いております。

ラブスプーンの模様や柄によって様々な意味が込められており、お土産にも最適とのことです。

 

いかがでしたか?

今回ご紹介出来ませんでしたが、他にも多くの国が一味違ったバレンタインを楽しんでいるので興味のある方は調べてみてくださいね。

 

Wild Englishでは、全ての方に本当のコミュニケーションを図ることができる英語を身につけていただくことを重視し、レッスンでは学びに直結するアクティビティを多く取り入れています。

全ての世代の方々へ、趣味からTOEICや英検などの試験対策、ビジネス英語、海外旅行などあなたの「こうなりたい!」を応援します。

ぜひその醍醐味を体験レッスンで体感なさってください。

体験レッスン、お問い合わせ等をご検討の方

まずはお気軽にご連絡ください♪

詳しくは公式HPにて